その他

ダイエットが続かない理由って?継続するためのコツとともにご紹介

ダイエットが続かない理由

目次

ダイエットをしよう! そう決めたのになかなか続けられず、結果が出る前に諦めてしまう。 一度は痩せたけれど結局リバウンドして元通りに、時には以前よりも太ってしまった・・・。

そんな経験はありませんか? また、ダイエットを続けていれば痩せられるはずなのに、どうにも効果が感じられず、モチベーションが下がってしまう、ということもあるかもしれません。

ダイエットに継続して取り組むのは、やってみると案外難しいもの。今回はそんなダイエットが続かない理由を深掘りし、どうすれば解決できるのかを考えます。

なぜダイエットが続かないの?主な4つの理由

そもそも、どうしてダイエットを続けることはこんなに難しいのでしょうか? 代表的な理由をいくつか見てみましょう。

理由1:目標を立てずに始めてしまうから

1つ目の理由は、目標を立てずにダイエットを始めてしまうからです。なんとなく「痩せたいな」という気持ちだけだと、どうやってダイエットすればよいかわからず、またどれくらいの結果が出ていれば順調なのかも判断できません。結局何もしていなかったのと一緒、という可能性もあります。

また、目標を立てたとしても、それが無理のある目標の場合はダイエットが続かないことも。無理な食事制限や明らかに過激な運動を自分に強いてしまっても、辛いばかりで逃げたくなってしまいます。早く痩せたいと思っても、今の自分の生活や運動能力などを鑑みて、どれくらいのダイエットであれば成功可能な目標かを見極めるようにしましょう。 簡単な目標を立て、達成感を感じながら気持ちを維持する方法もおすすめです。

理由2:ダイエットがストレスになっているから

達成困難な目標を立ててしまうことと似ていますが、ダイエットをすること自体がストレスになってしまっている場合も、ダイエットを続けることが難しくなります。

たとえば、食事制限はダイエットをするうえ上で必要ですが、無理するとストレスが溜まり、逆に過食傾向になってしまうことがあります。また、栄養不足によって脳の働きが悪くなりイライラしてしまったり、ダイエットの効率が悪くなったりしてそれがストレスにつながることも。※1

このほか、痩せようと思って取り組んでいる運動が自分の苦手な分野だった場合は、ストレスにつながりやすいと考えられます。今日は疲れたからいいや、と思ってズルズルそのまま運動から遠ざかってしまう・・・ということもあり得るのです。

ある程度の制限や頑張りはダイエットをするうえで重要ですが、決して無理をしすぎないこと、ストレスを溜めすぎないことが大切です。

理由3:生活習慣や食生活をが改善できていないから

運動や食事制限を続けているのに効果が感じられない、ダイエットをもうやめたい・・・そんなときは、生活習慣や食生活に問題があるかもしれません。

たとえば、睡眠不足もダイエットの効果を下げる原因になり得ますし※2、つい間食してしまったり、ごはんを食べる時間がまちまちだったりすると、ダイエットの効果は出にくいでしょう。※3 また、ほとんど噛まずに飲み込んでしまうような早食いも、ダイエットをするうえでは避けたほうがよい行為のひとつです。

生活習慣や食生活の癖は、なかなか自分では気づきにくいものですが、知らず知らずのうちにダイエットの効率を悪くし、モチベーションを下げる原因になっているかもしれません。いきなり生活習慣のすべてを変えることは難しいので、メモを取るなどして自分の行動を振り返ってみることから始めましょう。

理由4:ダイエットの正しい知識がないから

ダイエットと一言でいっても、その方法にはさまざまな種類があります。中には、医学的根拠のないものもあり、すべての方法で効果を実感できるとは限りません。仮に、間違ったダイエット方法に取り組んだ場合、減量がうまくいかなかったり、体調不良を引き起こしたりすることも。そうなると、ダイエットに対するモチベーションが下がり、挫折してしまう可能性があるのです。

継続してダイエットに取り組み、満足できる効果を得るには、まず「ダイエットの正しい知識」を身につけることが大切です。間違ったダイエット方法を選んでしまうのは、正しい知識がないから。身体が痩せる仕組みを理解して、理にかなったダイエット方法で理想のスタイルを目指しましょう。

節制(食事制限)がうまくできない!つい食べてしまう人の5つの特徴

繰り返しになりますが、ダイエットが続かない理由のひとつは「生活習慣や食生活を改善できていないこと」です。実際に、結果が出る前にダイエットを諦めた方の中には、その原因を「節制(食事制限)がうまくできなかったこと」と考えている方もいるのではないでしょうか?

では、なぜ効率よく節制(食事制限)することができないのか。以下にて、つい食べてしまう人の特徴を解説します。

特徴1:周りに流されやすい

周りの人に合わせることは、決してダメな行いではありません。しかし、これがダイエット中となると望ましいとはいえないことも。仮に「みんなも行くから」「断りづらいから」と、頻繁に外食をしたり甘いものを食べたりした場合、当然のことながら理想の身体には近づきません。節制(食事制限)ができないどころか、かえって太ってしまう可能性もあります。

ダイエット中に必要なのは、周りに合わせることではなく「自分の意志を強く持つこと」です。効率よく減量を成功させるためにも、周りに流されすぎないよう十分注意しましょう。

特徴2:コンビニに立ち寄ることが多い

つい食べてしまう人は、ほかの人よりコンビニへ行く回数が多くなっていませんか?。とくに、目的がないのにもかかわらず立ち寄る方は要注意。「○○を買う」と決まっていないので、余計なものまで購入してしまう可能性があります。そうなると、思いとは裏腹に摂取エネルギーが増えてしまい、理想の身体が遠のいてしまうのです。

この特徴に心当たりがある方は、まず「コンビニ=目的があるときのみ利用する場所」と考え方を変えてみましょう。立ち寄る回数が減れば、エネルギーの過剰摂取を防ぎやすくなります。

特徴3:早食いする傾向がある

十分な量の食事を摂っているのにもかかわらず物足りなさを感じる場合、早食いをしている可能性があります。現に、早食いだと噛む回数が少なくなるため脳に満腹だと伝わりづらくなり、つい食べ過ぎてしまうことがわかっています。※4 また、早食いが肥満と密接な関係にあることも厚生労働省により証明されています。※5 つまり、食事の時間があまりにも短いと、いくらダイエットに励んでも満足できる結果にならない可能性があるのです。

ダイエット中にもかかわらずつい食べてしまうという方は、まず自らの食べるスピードを確認しましょう。もし速い場合は、よく噛むことを意識しながらゆっくり食べるようにすると、無駄な食事を減らせるかもしれません。

特徴4:何事にも飽きっぽい

気持ちの移り変わりが激しい飽き性の方は、節制(食事制限)を継続できず、つい食べてしまうことがあります。これは性格的な問題なので、すぐに改善するのは困難かもしれません。しかし、ダイエットを成功へと導くには「継続すること」が不可欠。そのため、自ら飽きづらくなる工夫を取り入れることが大切です。たとえば、「ダイエット向きの食事に関する情報を収集する(食事のバリエーションを増やすことで飽きづらくする)」など。そうすれば、飽きっぽい方も効率よく理想の身体を目指せます。

特徴5:夜食症候群の可能性がある

「夜になるとお腹が空き、つい食べてしまう」という方は、夜食症候群の可能性があります。たとえば、就寝前にお菓子を食べたり、空腹で目が覚めて夜中に食事を摂ったりする場合は要注意。これらは夜食症候群の典型的な症状であり、太りやすくなるほか、慢性化すると生活習慣病を引き起こす危険性があります。※6※7 そのため、心当たりがある方は早めに対策を取ることが大切です。

夜食症候群の原因には、ストレスが関係しているといわれています。そのため、上述した症状に心当たりがあるなら、まずはストレスを解消するのがベストです。心のモヤモヤを取り除くことで、夜の暴飲暴食を防ぎやすくなります。

4つの軸に分けてご紹介!ダイエットを成功させるためのコツ10選

続けることが難しいといわれるダイエットですが、どのようなポイントを押さえれば挫折せず続けることができるのでしょうか? 以下にて、「準備編」「運動編」「食事編」「その他」に分けて10のコツをご紹介します。

準備編

ダイエットを始める際は、その準備に注力することが大切です。

コツ1:無理のない目標を立てる

まずは、「無理のないダイエット目標を立てること」から始めましょう。今の自分の体重は理想とどれくらいの差があるのか、どれくらいの期間をかければ無理なく痩せられるのかを考えてみましょう。 このときポイントとなるのは、決して無理のある計画を立てないことです。「これくらいできたらいいな」ではなく、「これだけだったら今のわたしにもできる」と感じられるくらいの簡単な目標を立てましょう。

具体的には、たとえば「腹筋を1日10回やる」「ウォーキングを15分でもいいからやる」など。ダイエットの効果を考えたらもっと量や時間をかけたほうがよいと感じるかもしれませんが、自分が今できる範囲がそこまでなのであれば、少ない量・時間の目標でも問題ありません。高い目標を掲げるより、目標を達成できることが大切なので、まずは「クリアできる目標」を立てることから始めてみましょう。

なお、目標の設定方法については以下の記事で詳しく解説しています。ぜひあわせてご覧ください。

ダイエットの目標体重とは?設定方法、継続のためのコツをご紹介!

コツ2:ダイエットの基礎を理解する

繰り返しになりますが、ダイエットを成功させるには正しい知識を身につける必要があります。中でも最低限押さえておくべきなのは、摂取エネルギーと消費エネルギーの関係性です。

摂取エネルギーとは、その名のとおり「普段の食事から摂取するエネルギー」のこと。※8 そして、消費エネルギーは「基礎代謝・食後の熱産生・身体活動により消費されるエネルギー」のことを指します。※8 減量を成功させるには、摂取エネルギーの量以上に消費エネルギーの量を増やすことが不可欠です(摂取エネルギー<消費エネルギー)。※8 この身体の仕組みを知っているか否かでダイエットの効率性は変わってくるため、正しく理解して普段の生活習慣を見直すことが大切です。

たとえば、普段あまり運動をしないのなら、歩く時間を増やして消費エネルギーの量を増やしたり、間食をゼロにして摂取エネルギーの量を減らしたりするのがおすすめ。自分のライフスタイルと身体の仕組みを照らし合わせて、無理なくダイエットに取り組みましょう。

コツ3:周囲に「ダイエットする」と宣言する

自分の中だけで「ダイエットする」と決意しているだけでは、なかなか行動に移せないもの。また、実際にダイエットを始められたとしても諦めや甘えが勝り、続かないことがあります。 こうした悪循環を未然に防ぐには、ダイエットすることを周囲に宣言するのが吉。「○kg痩せます!」「毎日筋トレします!」などと第三者に伝えることで後に引けない環境を構築でき、ダイエットに専念しやすくなるのです。

理想の身体を目指すには、自分に厳しくなることも大切です。無理のない範囲で自分を追い込んで、満足できる結果を実現させましょう。

運動編

ダイエット目的で運動に取り組む際は、以下の2つのコツを意識することが大切です。

コツ4:簡単なトレーニングを取り入れる

ダイエットを成功へと導くには「継続すること」が欠かせません。仮にハードなトレーニングを行うと、難易度の高さや辛さから挫折してしまう可能性があります。理想の身体に近づくまでダイエットを続けるためにも、まずは簡単なトレーニングに取り組むようにしましょう。

(※以下のInstagramを埋め込む) https://www.instagram.com/p/CFWneS1ljGz/ https://www.instagram.com/p/CBp4mr5hBM0/

プッシュアップとプランクは、ともに自宅で簡単に実践できるトレーニングです。すきま時間などを活用しながら、無理のない範囲で取り組んでみましょう。

コツ5:立ち上がるたびに足踏みやスクワットをする

「運動する時間を十分に確保できない」という方は、毎日少しづつトレーニングをするのがおすすめです。たとえばデスクワークの方なら、立ち上がるたびに足踏みやスクワットをしてみてはいかがでしょうか。一度に行える回数は少ないものの、一日に立ち上がる回数は意外と多いもの。積み重ねていけば十分な回数になるので、ダイエット効果が期待できるトレーニングになるかもしれません。

なお、オフィスワークの方は足踏み、リモートワークの方はスクワットと、場所を考慮してトレーニング内容を変えれば、より気軽に取り組めます。

食事編

ダイエット中の食事については、以下の2つのコツを意識しましょう。

コツ6:何を食べたかメモする

上述したように、ダイエットを成功させるには「摂取エネルギー<消費エネルギー」にする必要があるため、普段の食生活を見直すことも大切です。何を食べたか毎日メモしておけば、自らの食生活を客観視しやすくなるため、ダメな点を改善しやすくなります。

たとえば、炭水化物を多く摂っているようであれば、糖質制限に取り組むのがおすすめです。いきなり量を減らすとストレスにつながる可能性があるため、まずは白米を雑穀米に、小麦パンを胚芽パンに変えるなど、できることから始めてみましょう。

コツ7:間食する際は低糖質なものを選ぶ

ダイエット中でも小腹が空いて間食したくなることはあるもの。その際は、なるべく低糖質なもの、たとえばチーズやヨーグルトを選びましょう。糖質を多く含むスナック菓子やチョコレートを食べてしまうと、太りやすくなるため注意が必要です。

本来であれば、ダイエット中の間食は避けるべきです。間食で無駄にエネルギーを摂取してしまっては元も子もありません。間食によるダメージを最小限に抑えるためにも、チーズやヨーグルトを少し摂る程度に留めましょう。

その他

ダイエットを成功へと導くには、以下の3つのコツを押さえておくことも大切です。

コツ8:目標達成を見える化する

ダイエットを始めたら、順調に目標達成に向かっているかどうかを確認・把握するようにしましょう。

たとえば「何を食べてどれくらいの運動をしたか」を、体重変動と一緒に記録するのがおすすめです。目標に向かって進められているか、目標に対しどれくらいまで達成できているのかということを見える化することで、ダイエットの進捗を正確に把握しやすくなります。

目標を決めっぱなし、ダイエットをやりっぱなしにするのではなく、きちんと振り返る時間を設けてこそ理想の身体に近づけます。ぜひ、積極的に取り入れてみてください。

コツ9:ストレスを溜め込まない

繰り返しになりますが、ストレスはダイエットの大敵です。ダイエットの効率を下げるばかりか、逆にリバウンドしてしまう危険性もあります。そのため、ダイエットをするといっても無理をしたり、自分に合わないダイエット方法を選択したりするのはやめましょう。体重を減らすうえである程度の我慢は必要ですが、無理をしすぎる必要はありません。

ダイエット方法はいくつもあるため、その中で自分に合ったものを見つけるようにしましょう。ひとつのダイエット方法で効果を感じられなかったからといって、ダイエット自体に向かないということはありません。ほかのダイエット方法であれば、無理なく続けられることもあるので、万が一ダイエットに挫折したら別の方法を試すのも一案です。

コツ10:生活習慣を見直す

一日の生活習慣を見直し、ダイエットに適した内容になっているかどうかを考えてみましょう。

ダイエットは「食事制限だけ」もしくは「運動だけ」で成功できるものではありません。食べるものや動く頻度のほか、睡眠時間やストレスなど、生活のいろいろなことが影響し合うことではじめて成功へと近づきます。そのため、暴飲暴食をしていないか、運動不足になっていないかだけでなく、「十分に睡眠をとれているか」「ストレスを溜め込んでいないか」まで確認するようにしましょう。そのうえで問題点があれば、積極的に改善することが大切です。

4つの軸に分けてご紹介!ダイエットを成功させるためのコツ10選 まとめ

  • 【準備編】「腹筋を1日10回やる」など、簡単な目標を立てる
  • 【準備編】ダイエットの基礎である「摂取エネルギーと消費エネルギーの関係性」を理解する
  • 【準備編】諦めや甘えが勝らないよう、ダイエットすることを周囲に宣言する
  • 【運動編】プッシュアップやプランクなど、比較的簡単なトレーニングを取り入れる
  • 【運動編】運動の時間を確保できない場合は、立ち上がるたびに足踏みやスクワットをする
  • 【食事編】何を食べたか毎日メモして食生活を見直す
  • 【食事編】間食する際は、チーズやヨーグルトなど低糖質な食品を選ぶ
  • 【その他】ダイエットの進捗を確認・把握できるよう、目標達成を見える化する
  • 【その他】ダイエットの大敵であるストレスを溜め込まないようにする
  • 【その他】運動・食事とあわせて、睡眠やストレスなどの生活習慣を見直す

ひとりだと続かない!そんなときはパーソナルトレーニングがおすすめ

「ダイエットをひとりで続けられる自信がない」という方は、パーソナルトレーニングジムの利用を検討してみましょう。プロのトレーナーがマンツーマンでサポートしてくれるほか、トレーニング中は叱咤激励してくれるため、高いモチベーションのもとダイエットに励めます。また、ジムによっては食事面に関するアドバイスも行っているので、自らの食生活を見直すことも可能。「摂取エネルギー<消費エネルギ」を実現しやすい生活を送れるため、効率よく理想の身体を目指せます。

パーソナルジムとは?一般のジムとの違いを解説

筋トレ初心者にはパーソナルトレーニングジムがおすすめ!?メリット・デメリットから注意するポイントまで解説!

なお、24/7ワークアウトはトレーニングはもちろん、食事面のアドバイスも行っているため、運動・食事の両方でダイエットを成功へと導きます。どうぞお気軽に無料カウンセリングにお越しください。

10のコツを参考にダイエットを続けて理想の身体へ

いかがでしたか? ダイエットを続けられない理由のヒントがわかったでしょうか。

ダイエットは難しいもの・辛いものと感じているかもしれません。しかし、痩せたときの達成感や痩せたことによって何かできるようになったり他人から褒められたりしたときの喜びは計り知れません。

もちろん、1日〜2日ですぐに結果を出すのは不可能です。ダイエットを成功させた人は、必ず自分なりのやり方を見つけて継続的にに取り組んでいるので、あなたもダイエットを成功させるために継続できる方法を見つけてくださいね。

もし、1人でのダイエットに限界を感じたら、是非一度、無料カウンセリングにお越しください。あなたのダイエットを全力でサポートさせていただきます。

参照文献

※1 横越 英彦.脳の機能と栄養.心身健康科学.2010年 6巻1号 1_6-1_12.https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhas/6/1/6_1_1_6/_pdf(参照 2020年2月27日)

※2 井出 雅弘.過体重, 肥満患者は標準体重患者に比べ睡眠が短い.心身医学.2005年 45巻8号 634-.https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpm/45/8/45_KJ00003988738/_pdf/-char/ja(参照 2020年2月27日)

※3 鈴木 和枝, 福島 恭子.青年期女子における肥満の危険因子に関する検討.栄養学雑誌.2000年 58巻6号 273-276.https://www.jstage.jst.go.jp/article/eiyogakuzashi1941/58/6/58_6_273/_pdf/-char/ja(参照 2020年2月27日)

※4 農林水産省.チェック&トピックス 中高年男性編 ゆっくり食べる.https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/minna_navi/topics/topics4_02.html(参照 2021年4月1日)

※5 e-ヘルスネット.速食いと肥満の関係 -食べ物をよく「噛むこと」「噛めること」.https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-10-002.html(参照 2021年4月1日)

※6 吉田 俊秀 坂根 直樹 近藤 元治.不規則な夕食時間が原因で減量できない肥満型糖尿病患者への超低カロリー食併用療法の意義.https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo1958/35/4/35_4_331/_pdf(参照 2021年4月1日)

※7 関東学院大学 栄養学部.栄養学部教員コラム vol.45 通勤・残業・肥満・生活習慣病.http://eiyou.kanto-gakuin.ac.jp/column/column-1738/(参照 2021年4月1日)

※8 厚生労働省.Ⅱ各論.https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000083871.pdf(参照 2021年4月1日)

24/7ワークアウトのご紹介

24/7ワークアウトは完全個室・マンツーマン指導のダイエットジムです。
3食食べて痩せる、リバウンドしにくいダイエットをあなたの理想に合わせてサポートします。

2ヵ月コース

お薦め!
  • 週2回(全16回) x 75分/レッスン
    月額
    107,800
  • +
  • 入会金
    41,800
プロのトレーナーがあなたの理想に合わせて
トレーニング内容をオーダーメイドいたします
01. あなたの食事を徹底サポート!

  • あなたの目標のために食事をアドバイス

    あなたの目標のために食事をアドバイス

  • 3食食べるダイエット方法教えます

    3食食べるダイエット方法教えます
  • 食べても太らない
    身体を維持できるノウハウ伝授

    食べても太らない身体を維持できるノウハウ伝授
02. あなたオリジナルのトレーニング方法をお教えします
  • マンツーマンだからこそ、一人ひとりに
    合ったトレーニングを考案します

    マンツーマンだからこそ、一人ひとりに合ったトレーニングを考案します
  • 培ったノウハウを活かして、
    あなたの成果をサポート

    培ったノウハウを活かして、あなたの成果をサポート
03. 手ぶらでお越しください!気軽に通いやすくなるサポート
  • トレーニングに必要なものは、
    全て無料レンタル!

    トレーニングに必要なものは、全て無料レンタル!
  • 個室シャワー完備!
    汗をかいても心配いりません!

    個室シャワー完備!汗をかいても心配いりません!
  • 駅近・早朝深夜までの営業で、
    あなたの通いやすさをサポートします

    駅近・早朝深夜までの営業で、あなたの通いやすさをサポートします

24/7ワークアウトのご紹介

24/7ワークアウトは完全個室・マンツーマン指導のダイエットジムです。
3食食べて痩せる、リバウンドしにくいダイエットをあなたの理想に合わせてサポートします。

基本コース・料金

  • お薦め!2ヵ月コース

    75分 ・ 週 2 回 ( 全 16 回 )

    月 額
    107,800円
    入会金
      41,800円

充実のサポート内容

01.
あなたの食事を徹底サポート!
  • あなたの目標のために食事アドバイス

    あなたの目標のために食事アドバイス
  • 3食食べるダイエット方法を教えます

    3食食べるダイエット方法を教えます
  • 食べても太らない
    身体を維持できるノウハウ伝授

    食べても太らない身体を維持できるノウハウ伝授
02.
あなたオリジナルの
トレーニング方法をお教えします
  • マンツーマンだからこそ、一人ひとりに
    合ったトレーニングを考案します

    マンツーマンだからこそ、一人ひとりに会ったトレーニングを考案します
  • 培ったノウハウを活かして、
    あなたの成果をサポート

    培ったノウハウを活かして、あなたの成果をサポート
03.
手ぶらでお越しください!
気軽に通いやすくなるサポート
  • トレーニングに必要なものは、
    全て無料レンタル!

    トレーニングに必要なものは、全て無料レンタル!
  • 個室シャワー完備!
    汗をかいても心配いりません!

    個室シャワー完備!汗をかいても心配いりません!
  • 駅近・早朝深夜までの営業で、
    あなたの通いやすさをサポートします

    駅近・早朝深夜までの営業で、あなたの通いやすさをサポートします

関連記事

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す

カテゴリから記事を探す

PAGE TOP

お悩みなら、まずは
無料カウンセリングにお越しください